読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめこロゴス内観日記

毎日の中で少しでもいいことを見つける努力をしていきたいです。

ルティナスは案外大丈夫でした。

ルティナス膣剤、すごく心配でした。

すごく恥ずかしいのですが、どこにどのように入れたら良いか未だよくわからんといった感じで、さらっと説明されている看護師さんに、

「あの、これって皆さん結構普通に入れられるものなんでしょうか。普通に怖いんです」などと聞いてしまいました。

看護師さんは中腰でどんな感じで入れるかのポーズまでとって下さり、、、ほんとにすみませんでした。

 

開始の朝は眠りが浅くなるぐらい緊張していました。

朝7時、トイレへ。

 

結果的に説明書の通りにしたらごく普通に入れることができました。

私は逆ハの字に軽く中腰になり、そこかなと思う場所から真上ではなく後方へ向けて押していくと、あらあらいつの間にか入ってるわ

となりました。

 

今のところトラブルもなく。ありがたい。ほんとに入ってるの?と思うぐらい私は痛みもありません。

 

説明書って馬鹿にできないですね。

疑問点や心配なことも全部書いてあるし。

 

f:id:mameyamameyamameya:20170303101531j:image

f:id:mameyamameyamameya:20170303101512j:image

私はまだ恵まれているのかもしれないと思ったこと

他の方の不妊治療のブログはとても勉強になります。

その方たちの経験からすればお気楽な方かもしれないと思います。

辛くてたまらない人、副作用が強く出てしまう人、職場との調整が難しい人、身近な人から心無い言葉を受けてしまう人。

私は今の所どれも経験していません。痛みも副作用も全部「気のせい」にくくれるレベルだし、

周りの人はいいな、優しいなと思う人が多いです。

単に私が鈍いのかもしれません。

この治療はナイーブで敏感な方だったらとても辛いだろうなと思います。

赤いカーディガン

アンナカリーナが出演する映画をみました。

「女は女である」です。

今年に入って、文化的活動?をしようと意を決してゴダールの映画を見始めました。

 f:id:mameyamameyamameya:20170217093307j:image

 難しい.....感受性が必要なようです。

見ていればそのうち何かが見えてくるのだろうか。

美術作品のように色彩の美しさを堪能しました。

 

 

体外受精2回目 D3 移植ホルモン補充周期① 診察

採卵後のD3で病院に行ってきました。

卵巣の状態も問題なく、内膜もリセットされていて移植にはとりあえず進めそうです。ありがたいです。

 

エストラーナテープとデカドロン、ルティナス膣錠、フロモックスを処方されました。

膣錠は「来ちゃったかー」と思いました。

未だ座薬や膣錠を入れる位置がはっきりわかっていない状況です。

かなり不安です。一日3回も入れられるかしら。

 

エストラーナテープは4枚今日から貼っています。

貼って皮膚から吸収されるなんて本当に不思議です。

でも皆さんが乗り越えていることでしょうから私もがんばりたいなと思います。f:id:mameyamameyamameya:20170213222616p:image

 

 

私が不妊治療をすることについて考えていること

不妊治療をして1年半以上経ちました。

結婚して6~7年(年数は数え方が苦手です)。30代後半です。

 

不妊治療は知識もなく、調べる検索能力も乏しく、

もしかしたらこんなやり方であってるのかなと思いつつ進めています。

 

いろいろ調べたくなってしまいますが、時にはわざと調べないでいるようにしています。

それはもともと医学の知識のない私が治療結果を動かせることってとっても少なくて、

むしろ(私の場合は)調べたり、あれこれ試しすぎると訳が分からなくなってそれがストレスになる気がしています。

 

私にできることは…何だろうと考えると、例えば、

・受診日にきちんといく。

・薬、注射の服用時間を間違えないようにする。

・夫に治療結果を話す。

・考えることを意識的にストップし、次にしなくてはいけないこと(受診か、何か準備をするのか、電話をするのか)の確認のみに集中しよう。集中したい。。

 

かなと思います。

またときどきで考え方は移りゆくかもしれませんが今はこんな心境です。

ここまで思うまでにも私なりに焦りすぎてから周りしていたので少し楽になっています。

今はこの生活を楽しんだりできるようになっています。

それは、夫や仕事や、周りの人のおかげです。

不妊治療は私よりもずっと過酷な条件でもっと大変なことがありつつもがんばっている方もいることでしょう。

そう思うと自分だけが不幸のヒロインっぽくなってしまった時期を恥ずかしく思います。

 

できるだけ今の良いポイントに気づけるようにこのブログにも意識して記録していこうと思います。

体外受精1回 採卵結果 1回目

2016年1月末はじめて採卵を経験しました。

 

結果は7個採卵

1週間後に病院にTELで結果を聞きました。

 

4個顕微授精 4個受精

3個体外受精 3個受精

 

胚盤胞までいったもの2個

という結果でした。凍結胚移植なので2個凍結していただいたそうです。

 

これってどうなのかな・・というのはあるのですが

調べたりしても(そもそも検索がすごく下手)、結果が何か良くなるわけでも

ないしなーー(本当は検索するのができなくて負け惜しみもあります)

と結局よくわからない状態です。

 

生理が来たら1日目か2日目に受診する予定です。

 

体外受精1回目 D15 採卵 1回目

前日21時からの食事は禁止

6時半に起床、夫から採取した容器を受け取り病院へ。

 

8時半

一部屋にベッドが5つか6つぐらい。

少し説明を受けて ガウンに着替え、本や携帯以外の貴重品持ち物は

ロッカーに鍵をかけて保管する。ベッドで待機。カーテンで仕切られているけど

隣の人の息遣いも聞こえる。でも仕切りがあるだけありがたい。

 

私は2番目だったので10時前に呼ばれる。

 

手術台のような場所にあがり、採卵開始。

私は局所麻酔だったのでいつ麻酔したのかな?最初に何かを入れられたときに

一緒に打たれたのかもしれません。

 

採卵は・・・正直ちょっと痛かったですね。でも激痛というよりは

私が単に舐めてただけだと思います。

まったく何も感じないのかと思ったけど、やっぱり穿刺するわけだし

そりゃ圧迫感と多少の痛みはありますよね。

でも指をつねって過ごしていたら我慢できたし(歯医者で無麻酔で治療を受けるとき

よくやります)、

顔に出るとか声を出すほどとかではありませんでした。

 

今回一緒に採卵を受けていた人たちも局所麻酔の人が多いようでした。

もし次回採卵するとしてもたぶん局所麻酔になるんでしょうね。

痛かったという記憶はあるけどもうどんな感じだったか思いだせないほど

なので私は痛みに強いタイプなんだと思います。

 

1時間ほどベッド休んで(採卵後は生理の痛みに似た感じでした)

超音波で診察、先生から説明、看護師さんから薬(抗生剤)をもらい

生活上の注意(入浴は3日禁止、今日はまっすぐ帰るなど)を受け、

終わったのは12時でした。

 

私は食い意地がすごいのでお腹が減っているのがつらかったです。

ちょうどランチ時だったので病院の近くでランチすることはかなわずまっすぐ帰宅しました。